不動産名義変更で名義人(所有者)が自分でないときは?

不動産名義変更で名義人が自分以外である場合は、その名義人の同意を得て所定の手続きを踏めば変更手続きができる。親子間では通例。

不動産名義変更って何?ソレに絡む複雑な問題の解決法のメイン画像

不動産名義変更で名義人(所有者)が自分でないときは?

不動産名義変更で名義人が自分以外である場合は、その名義人の同意を得て所定の手続きを踏めば変更可能です。

親子間などでは良く行なわれます。

▼名義人の同意があれば変更できる。

不動産名義変更に際して、当該の不動産が自分名義でない場合は、名義人である所有者の同意を得ることで不動産名義変更を行なうことができます。

たとえば自分の親の名義を息子である自分の名義に書き換えたりする場合です。

また一例ですが、家族の誰かが住宅ローンを組んで、銀行などから融資を受ける場合なども、必要に応じて当該物件を不動産名義変更し、担保とすることもあります。

▼不動産名義変更を悪用した詐欺もある。

不動産名義変更は、その名の通り不動産の名義変更を行なう手続きです。

“名義人本人の同意”があって、そのための必要書類一式が揃えば、いつでも名義変更できてしまいます。

手続きには不動産移転登記など複数のプロセスを経ますが、書類を偽造するなどして悪用した不動産詐欺事件も発生しています。

同意や扱いには注意しましょう。

▼たとえば自分の親が高齢で、将来的に遺産となるものの管理がむずかしい物件についても、不動産名義変更が有効です。

生前のうちに不動産名義変更をしてしまうと生前贈与になるので税制上は不利になるという一面もありますが、資産・遺産の将来的な管理という観点からすると、生前のうちに遺産分割協議書などを作成し、可能なものについては不動産名義変更をしておくほうが良い場合もあります。

Copyright www.cavycompendium.com.All Rights Reserved.

当サイト(不動産名義変更って何?ソレに絡む複雑な問題の解決法)の記事・画像などの無断転用を禁止します。