財産分与でもめています。不動産名義変更はできますか?

財産分与のもめ事と不動産名義変更の可否は、法的には無関係。住宅ローンの残債があってもなくても、もめ事の収拾が図れれば不動産名義変更は可能。

不動産名義変更って何?ソレに絡む複雑な問題の解決法のメイン画像

財産分与でもめています。不動産名義変更はできますか?

財産分与のもめ事と不動産名義変更の可否は、法的には無関係です。

住宅ローンの残債があってもなくても、もめ事の収拾が図れれば不動産名義変更は可能です。

▼もめ事とは関係なく不動産名義変更ができる。

たとえば夫婦間や法定相続人のあいだで財産分与についてのもめ事があっても、法的には、不動産名義変更の実行に支障はありません。

むしろそうした相続人間のもめ事があって、財産分与のために不動産を売却するとか、不動産名義変更をするというのであれば、それは真っ当な理由になります。

▼債権者である金融機関の心証も大事になる。

ただしこれらのもめ事を債権者である銀行などが、心証としてどう受け取るのか~。

また不動産名義変更をするにしても、住宅ローンの残債はどのように精算されるのかを細かくチェックしてきます。

弁護士が介入していて一定の整理がついている場合は、弁護士による書面などで金融機関に残債整理のあり方が説明されます。

▼住宅ローンの残債がない場合は、単なる不動産名義変更となるので、問題ありません。

弁護士に整理してもらい財産分与に踏み切りましょう。

財産分与は遺言状にある遺産相続人が分割して受け取るか、それ以外の法定相続人が分与を主張して争うか、その辺がポイントになります。

最終的には話し合いを重ね、遺産分割協議書に署名捺印して収拾を図ります。

Copyright www.cavycompendium.com.All Rights Reserved.

当サイト(不動産名義変更って何?ソレに絡む複雑な問題の解決法)の記事・画像などの無断転用を禁止します。