不動産名義変更に絡む「遺産分割協議書」とは何ですか?

遺産分割協議書は法定相続人の全員が、遺産の分割について合意したことを示す文書。不動産名義変更に絡むトラブルを避けるために作成する。

不動産名義変更って何?ソレに絡む複雑な問題の解決法のメイン画像

不動産名義変更に絡む「遺産分割協議書」とは何ですか?

遺産分割協議書は法定相続人の全員が協議し、遺産の分割について合意したことを示す文書。

不動産名義変更などで相続人が多くトラブルを避けたいときは、これを作成し保管します。

▼法定相続人全員の遺産分割合意書。

遺産分割協議書とは、法定相続人が故人の遺産分割について協議し合意した内容を書面にまとめた文書のこと。

この文書がないと不動産の相続登記や故人の預貯金・株式・自動車の名義変更の手続きなどをすすめることができません。

あらゆるものの遺産を分与すときに必要となるものです。

またこの文書を作成せずに口頭だけで遺産分割をしてしまうと、後からもめ事になるケースが多くあります。

▼簡単に売却・現金化できない不動産。

多くの場合、不動産名義変更は遺産分割の中でもっとも大きな比重を占めるものです。

この不動産名義変更で行なう手続きも、遺産分割協議書の内容に沿って行なわれます。

ところが遺産のうちで不動産は、簡単に売却して現金化することができないため、これが原因で法定相続人のあいだでもトラブルに発展することが良くあります。

▼不動産は簡単に現金化できるものではない。

だからこそ遺産分割協議書の作成が大事になります。

法定相続人が多数に及ぶ場合、弁護士同席のうえで遺産分割協議書を作成し、たとえば「現在家族の住居になっている実家の不動産は、売却・現金化せずにそのまま相続する」という旨の協議書を作ります。

他の遺産についても必要に応じ条件を付加して作成しましょう。

Copyright www.cavycompendium.com.All Rights Reserved.

当サイト(不動産名義変更って何?ソレに絡む複雑な問題の解決法)の記事・画像などの無断転用を禁止します。